学費ローンの申し込み先

銀行

高校や大学などに進学する場合、とても多くのお金が掛ってしまいます。
学費が用意できない場合は、教育ローンなどの利用が便利です。

では、この教育ローン、どこに申し出ると融資してもらう事ができるのでしょうか。
銀行などの金融機関と、日本政策金融公庫の二つになります。それぞれで貸付条件などが異なります。
利子が安く済むのは何と言っても日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫で融資を受けることが出来ると一番良いのですが、融資を受けることが出来るまでとなると条件等中々難しいようです。
また、実際に融資を受けるまで期間を要してしまうのがネックとなってしまうようです。

学費などの融資が受けやすいのは、銀行や消費者金融などの民間で経営している金融機関です。
その中で、利子が一番低いのは銀行でしょう。
信販会社や消費者金融などは、比較的学費に関する融資が受けやすいのですが、利子が高くなってしまいます。
銀行は、ローンの目的を明確にして融資を受けます。その為、保証人をつけなくてはいけないなど細かい取り決めがあります。
条件も色々あり、審査も緩くはありません。その点、損保会社は比較的学費などの融資を受けやすいと言えます。

銀行のように保証人などは必要ありません。
銀行などに比べて利子が高くなってしまいますが、学費に関するローンを受けやすいのは消費者金融です。書類なども必要最低限で済みます。
このように、学費などに充てる事の出来る教育ローンは色々な所で扱われています。色々な所を見比べ、適した所を選ぶようにしましょう。

(Comments are closed)